ゲーム開発のスタッフというと、ゲーム開発会社に所属し仕事をこなしている場合が多いです。
しかし中には、開発会社には属さずフリーとして活躍しているエンジニアもいます。フリーのゲームエンジニアは、各開発現場を渡り歩きながら、仕事をこなしています。
こうしたフリーの人材を求める開発現場から、求人案件が出ています。

会社に属した方が、収入などの面で安定しているでしょう。
しかし、組織に属していると、どうしても開発業務以外の仕事もこなさなければなりません。
もしエンジニアとして、ゲーム開発に専念し仕事をしたいなら、独立しフリーのゲームエンジニアになるのも方法です。
独立しフリーの立場になると、仕事の安定性が失われます。
特に独立したばかりの頃は、ゲーム開発仕事の求人案件を見つけるために一苦労します。
しかしそれでも、ゲーム開発の実績を積み重ねていき、また業界内での人脈が形成されるに従って、今度は向こうから仕事の依頼が舞い込んでくるでしょう。

そのためフリーになってまずは、実績を積むための始めのきっかけをつかめるかどうかが、大きな鍵です。
そうして一つ一つの仕事を大切にし評価を着実に高めていけば、結果が後からついてきます。
独立してフリーの立場になるのは、勇気が必要です。
それでもゲーム開発が好きであれば、チャレンジしてみる意味は大きいです。
実際に、ゲーム業界の中で、フリーとして核開発現場で活躍している人たちがいます。

コメントする

必須フィールドには、* がマークされています。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。