ゲームエンジニアの求人は、家庭用ゲームの開発だけではなく、今ではスマホアプリや携帯ゲームの開発、またパチンコ関連など以外に多くのジャンルの開発があります。
ゲームを単純に作ると言っても、ロールプレイングゲームやシミュレーションゲーム、クイズゲームにパズルゲームなど非常に多くのジャンルがあります。
求人が多く出ていて、受かりやすいからといって安易に応募してしまっても、自分がやりたいことと必ずしも一致する仕事になるとは限りません。

またプログラミングがやりたいのに、デバッガーやテストプレイだったり、逆に課金システムを考えたり、ディレクションを担当するなど人員の量によって自分が専門分野ではないことを担当する可能性もあります。
ゲームのクリエイターやエンジニアは比較的に趣味の延長から志望する人も多く、自分がやりたいようなゲームの開発ではないと辞めてしまう人もいます。

もちろん専門職なので、スキルさえあれば転職はしやすいというのも事実ですが、やはり開発経験や売れたゲームに携わっていた経験などがないと年をとるごとに転職も厳しいものになります。
若いうちは自分がやりたいものはこれと決めつけるのではなく、様々なジャンルのゲームに関わり経験を積んだり、見識を広げることでゲームの開発能力を高め、ある程度の実績を認められたところで自分で暖めていたゲームの企画を提出することもできます。
ゲーム開発だからといって趣味を優先するのではなく、仕事という意識をしっかり持つ必要があります。

コメントする

必須フィールドには、* がマークされています。あなたのメールアドレスが公開されることはありません。